« 函館駅前と函館市電 | トップページ | 新旧五稜郭タワーと五稜郭公園 »

駒ケ岳色々

CIMG0891CIMG0975 CIMG0980 CIMG0947

色々なところから撮った駒ケ岳です。大沼の早朝撮影会のあとに撮りました。

左上:大沼公園の島のどこかから撮影
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.40.28.5N41.59.9.4&ZM=6

右上:森町姫川の牧場近くから撮影
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.36.10.8N42.4.44.3&ZM=6

左下:砂原町内で撮影
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.43.38.3N42.6.19.3&ZM=6

右下:大沼公園近くの七飯町日暮山展望台から撮影
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.38.49.7N41.58.46.7&ZM=6

見る方向によって結構形が変わるでしょ?

|

« 函館駅前と函館市電 | トップページ | 新旧五稜郭タワーと五稜郭公園 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「風景写真」カテゴリの記事

コメント

見慣れているはずの大沼や駒ケ岳だけれど、あなたの写真で魅力を再認識させられました。
こんなに素敵な風景が、手に届くところにあること…忘れてました。
感動しました。ありがとう♪

投稿: ミー | 2005/11/17 19:28

ミー様はじめまして!こちらこそ涙が出そうなくらい嬉しいコメント、本当にありがとうございました。このブログを始めて本当に良かったと今しみじみと感じています。
私も、今まではあまりにも身近過ぎて、我々の周りにあるものの魅力に全く気付いていませんでした。
写真を始めてみて、改めてその素晴らしさに気付き喜びを感じているところです。まだまだ未熟ですが、できるだけその魅力を伝えてみたいと思っています。撮りたいものはまだまだたくさんありますから頑張りたいと思います。
励みになりますので、是非これからも遊びに来てください。よろしくお願いします m(__)m

投稿: tacky@管理人 | 2005/11/17 23:22

お早う御座います。(*^_^*)
初して!
デジカメのジャンルから来ました。私も高校生まで苫小牧から日高線鵡川町に住んで居ました。
上京時函館近くに来ると大沼公園と駒ケ岳の雄大な景色が見られた思いが残って居ます。
この度あなたの掲載された写真を見て懐かしく思いました。私は現在横浜に住み、好きな写真を撮りBlogへ投稿して居ります。
それからあなたの夜景のマイフォトも見させて頂きましたが最初の5枚位は少し露出がアンダーだと思います。光の他に周辺の状況が分かる程度の写りが有った方が良いかも知れません。レタッチソフトでアンダー部分を少し明るくしますと直ります。試して下さい。

投稿: くわさん | 2005/11/18 09:37

くわさん様はじめまして。コメントありがとうございました。駒ケ岳と大沼の姿はくわさん様がいらした頃とそんなには変わらないでしょうか。見ていただき大変光栄です。
また、アドバイスもいただきありがとうございました。最近は露出を変えながら何枚ずつ撮ってみているのですが、この時は思いつきもしませんでした(^_^;)レタッチソフトについてもほとんど触ったことがないので、今後チャレンジしてみたいと思います。
くわさん様のページも拝見いたしました。私もあのような写真が撮れるよう精進したいと思っておりますので、今後ともお気づきの点があればご教示いただけたら幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: tacky@管理人 | 2005/11/18 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/7165008

この記事へのトラックバック一覧です: 駒ケ岳色々:

» 大空と大地のなかで [四十路日記]
私が、函館の駐屯地にいた頃、  月に一度の割合で警衛勤務がありました。    駐屯地の門衛や、警備、巡回、等を任務としていました。    駐屯地は表の正門と、裏門、があり、  通常裏門の警衛は独りで立哨しています。    もちろん、駐屯地を囲む外柵沿いには有刺... [続きを読む]

受信: 2006/01/30 20:06

« 函館駅前と函館市電 | トップページ | 新旧五稜郭タワーと五稜郭公園 »