« 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ | トップページ | トラピスト修道院2 »

トラピスト修道院

少し前になりますが、上磯町にあるトラピスト修道院(男性のみ)に行ってきました。
内部に入れないせいもあるのか、やはりトラピスチヌ修道院(女性のみ)とは雰囲気が違いました。
まさに「静粛」という言葉が似合う場所でした。

http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.34.21.2N41.44.16.7&ZM=8

CIMG1454CIMG1424

CIMG1433   

|

« 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ | トップページ | トラピスト修道院2 »

「建物の写真」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「風景写真」カテゴリの記事

コメント

ここは、ホント「静粛」で「厳か」な雰囲気ですよね。ところで、アクセスカウンター3333でした!
トラピストで見た、変わった木をTBしますね。

投稿: | 2005/12/14 22:32

ここは確か事前予約すれば中を見学させてくれますよ。トラピスチヌ(女子)と違い、修道士も自由に出入りできるらしいです。

投稿: でんか | 2005/12/15 00:59

思い出した!建物の奥のちょっとした山道をのぼっていくと高台になってて、すばらしい景色が望めるのはこちらのトラピスト修道院でした。春になったら是非。オススメです。
さて、Tackyさんのすばらしい写真の数々に触発されて、私も美しい物への探究心がもくもく。
Raymond Savignacの作品に心惹かれています。
昨日は自由が丘の雑貨屋さんまでいろいろ探しにいきました(都会の空気ただよってますか?笑)
本当はシルクスクリーンを手に入れたいのですが、予算の都合でポスターをやや洒落た額縁に入れる、、、なんてことで落ち着きそう。
特にエアーフランスの国旗だらけのキリンという作品が好きです。お時間あったらみてみて。

投稿: ka7p | 2005/12/15 12:13

皆様、毎度お越しいただきありがとうございます。レスが遅れてごめんなさい。

M様。面白いもの見つけてますね。確かに猛禽類に見えます。真正面から捉えた姿に回りにはスピード感たっぷりの効果線まで。なんか劇画の手法みたいです。すごいの一言に尽きます。

でんか様。確かに申請すれば男性に限り見学できるようですね。ただ、嫁さんを置いてわざわざ申請してまで見学するのは大変かもしれません。
トラピスチヌのように途中まででも見学できたら嬉しいのですが。
もっとも、本来の修道院設立の趣旨からは外れるでしょうから仕方ないことですね。
それにしても、修道士の方々が自由に出入りできるとは知りませんでした。驚きました。

ka7p様こんばんわ。今日の写真の中にも見覚えがある風景があるでしょうか?
Raymond Savignacという人は寡聞にして知りませんでしたので、恒例のぐぐりをしてみました。
ほー。こういうPOPな感じ(言葉間違ってます?)の絵柄も楽しい感じで良いですね。
国旗だらけのキリンという作品も見てみましたが、思わずにやりといった感じのデザインでした。私も好きな作風です(^^)v

投稿: tacky | 2005/12/15 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/7621428

この記事へのトラックバック一覧です: トラピスト修道院:

» 今日の一枚 [我的勝手日記 ё]
トラピスト修道院にて。 木の幹に、ハートの額縁があり、猛禽類が獲物を捕らえんとする瞬間を、 シュールリアリスティックに描いた作品、がそこにある、ように見えた。 [続きを読む]

受信: 2005/12/14 22:33

« 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪降りつむ | トップページ | トラピスト修道院2 »