« 三日月お月様 | トップページ | 冬の夜空3 »

氷の厚さは52センチ!

息子と2人で大沼函館雪と氷の祭典に行ってきました。
現地に着いたのは午後3時半過ぎでしたが、とりあえずスノーモービルが引っ張るそりに乗って湖上遊覧に出てみました。
正面から受ける風はかなり冷たく、痛いといってもいいほどの感じでした。
コースの途中で湖面に降り立ち、氷に開けた穴に棒を差し込み氷の厚さを測ったところ52センチありました。
ちなみにこの辺の水深は約9メートルあるそうです。結構深いですね。
DSC_1696

湖面での気温は氷点下6度ほどでした。
本州や台湾から来たお客さんたちはかなり辛そうでした。ゆーすけも鼻水垂れまくりでちょっと可哀想でした(笑)

彼は悲しいことに滑り台が怖いといって、残念ながら1度も滑ってくれませんでした。私が一緒に滑ってあげれたら良かったのですが、荷物を持っていたのでできませんでした。
じゃあ雪像を見に行こうかと思って会場に行ったところ、これまた悪いことに”なまはげ”に扮装した人がいます(笑)
鬼の類が大っ嫌いな彼はもういけません。「嫌だ!怖い!帰る!」あっちゃあ!ヽ(  ̄д ̄;)ノ

仕方ありません。その辺をぶらぶらして、たこ焼き食べて、大沼だんごをお土産に買って帰途に着きました。
会場でも彼を追っかけまわしているうちに過ぎてしまい、ほとんど写真なんぞ撮れませんでした(笑)
だから、今回は氷像の写真も雪像の写真もありません。
息子よ。来年はもう少しお兄ちゃんになってもっと祭りを楽しもうな!
でも、彼は彼なりにちゃんと楽しんだようなので、それがせめてもの救いです。

DSC_1697DSC_1698

DSC_1685DSC_1712

DSC_1694    

|

« 三日月お月様 | トップページ | 冬の夜空3 »

「人物写真」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「花鳥風月の写真」カテゴリの記事

「風景写真」カテゴリの記事

コメント

すごぃですょね、本当毎回毎回写真きれー。
心底感動してます(嘘っぽぃ?)
さすが凝り性。ぁたしゎ飽き性。
こっちも田舎だから(都会育ちにゎ)
綺麗ゎ綺麗なんだけど。
カメラに凝ってないから駄目ですゎ。
綺麗なのに感動的なのに、遺せない。
でも冬ゎ空が、星がすごすぎて感動します。
泣きそうになる。
もっとちゃんと理科で星座の勉強しとけヴぁよかった(藁。

ゅーすけ強い漢になれ。
本当に怖いのゎ生きてる人間なのだょ、と(藁。

一緒に遊びたぃなぁ・・・・・・・・。
また遊びに行かせてくださぃ。

投稿: ぇみこ。 | 2006/02/05 23:12

えみこさん、こんばんわ。あなたの不肖の兄は今日もこんなにして生きてます(笑)
元来根気は無い方なんですが、こっちは珍しく続いておりますな。
たまには父さん母さんにも見せてやってくださいまし。
写真ってやってみると面白いものですよ。カメラ付き携帯でもいいからやってみたらいかが?
肉眼で見るよりももっといろんなものが見えてくることがあって、あとからもっと感動できたりして日々いろんなことを感じています。

あなたの甥っ子も元気に頑張ってますよ。

ちなみに、何でところどころ妙なところで小文字混じってるの??じじいには分からんのだが(笑)

投稿: tacky@管理人 | 2006/02/06 00:22

 雲がきれいですね。雲がお好きでしょうか?輝く雲。見てみたいな~と、思います。飛行機雲も素敵な一枚ですね。      
 一度だけ、すごい場面を見たことがあります。積乱雲が、にわか雨を降らしつつ、端から消えて行くのです。そして、太陽が雲を上から照らして輝いています。    
 またもや、静と動。       
 急いで、私は愛機のニコンF2を取り出したのですが、上に向けると、レンズに水滴がバンバン。写真になりません^^;

投稿: 甘木 | 2006/02/06 05:52

うちも家族で出かけましたが、行き帰りの渋滞を避けようと午前11過ぎには
会場にいました。
いろいろな国の言葉が乱れ飛んでいて国際色豊かでしたね。
次のイベントは次週の五稜郭公園での赤フンレースでしょうか。
行かれますか??

投稿: take-five/たけ | 2006/02/06 12:30

甘木さんこんばんわ。
仕事柄空や海を見ることが多いのですが、見ていて飽きることがありません。雲も大好きです(^^♪
そういった光景は夏なんかに時々見ますね。雨と晴れの境目がはっきり分かる時。そういう時って後からきれいな虹が見えることがあって好きです。
F2ですかぁ。いいものをお持ちですね。きっといろんな写真をお撮りになったんでしょうね。
どこかで公表されないのでしょうか?

たけさんこんばんわ。
赤フンレースですか(笑)まだ近くなって見ないと分からないですけど。行けたら是非行ってみたいですね。
写真展も伺いたいと思いつつ、予定がはっきりしないのでこっそりお邪魔して来たいと思っています。

投稿: tacky@管理人 | 2006/02/06 20:03

氷の祭典、行き違いでしたね。今度はご子息、預かりましょか?(誘拐でなくて。笑)写真、初めて拝見しましたが、感涙ものです。自分の目は穴があいてるだけだった…と実感。こころが洗われるようです。またちょくちょくお邪魔しま~す!!

投稿: suzuran | 2006/02/07 13:39

suzuran様、こんばんわ。ようこそお越しくださいました\(^ ^)/
我が家の怪獣を預かってくださるとはなんと奇特な(笑)
こんな感じでぼちぼちやってますので、またお時間があれば是非遊びに来てやってください。

投稿: tacky@管理人 | 2006/02/08 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/8522732

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の厚さは52センチ!:

» 大沼函館雪と氷の祭典 [☆ 酔族館日記]
. 「雪まつり」というと札幌のそれを思い浮かべるが、道南でも40回の 歴史ある冬のまつりがある。 駒ヶ岳の麓、大沼公園で行なわれる「大沼函館雪と氷の祭典」は札幌の ように盛大ではないが、地域住民の暖かな歓迎が嬉しい。 まつりの目玉は、大沼から切り出された分厚い氷で作った巨大すべり台。 沢山の子供達が目を輝かせながら滑っている、下では親たちがその姿を カメラに収めている。 また、氷柱に見事なノミさばきで像を彫ったアイスカービングの冬季大会も 合わせて開かれていて、ホテルや料理店の職人さ... [続きを読む]

受信: 2006/02/06 12:24

» 眩しかった、大沼函館_雪と氷の祭典 [我的勝手日記 ё]
晴天だ。眩しくて、目を開けていられなかった。 注目していたのは、主に氷像。出店のスープもとても気になったけど。 土曜AMから、沢山のお客さんが来ていた。滑り台がとても楽しそうだ。 自分も滑りたい。我慢する。でも同じように滑りたいと思っている大人が沢山いる筈だと思う。 太陽の光を浴びた、氷の鋭角な造形が美しい。 同時に来週の流山温泉が、とても気になった。特に「豚の炭火焼き」が・・・。 志海苔の黒豚祭りを思い出してしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2006/02/06 21:08

» 第40回大沼函館雪と氷の祭典 行って来ました。 [ひよこの日記]
雪像色々。 去年はヨン様のがありましたが、今年はありませんでした(笑) [続きを読む]

受信: 2006/02/06 23:48

« 三日月お月様 | トップページ | 冬の夜空3 »