« 函館市青函連絡船記念館 摩周丸 | トップページ | 父と子(笑) 道南四季の杜公園にて »

函館市青函連絡船記念館 摩周丸2

昨日に引き続き、「青函連絡船記念館 摩周丸」に行ったときの写真です。

DSC_2325

説明してくれた係員の方の話によると、この摩周丸は既に主機、補機(要するにエンジンやボイラーなど)も撤去されていたり使用不能になっており、スクリューも取り外されているので自航することは出来ないそうです。
それでも、船体はちゃんと浮かんでいるのでじっとしていると揺れているのが分かります。
デッキに出ると函館どっくや函館山、金森倉庫群などが見え、眺めもなかなかのものでした。

DSC_2316DSC_2315

DSC_2297DSC_2293

操舵室もなかなか広いですね。でも設備はさすがに今の船と比べると古さを感じました。
で、さすが我が息子。通信室(右の写真)に行くと早速電鍵を見つけて、でたらめにモールス信号を叩いていました(笑)私も昔は通信士になりたかったものです(結局アマチュアどまりでプロにはなりませんでしたが)。祖父も昔陸軍の通信兵でした。なんだか血を感じました。

DSC_2302DSC_2312

船内には昔のグリーン席の座席がおいてありました。珍しそうにいじっています。輪投げにもすっかり夢中でしばらく離れませんでした。      

|

« 函館市青函連絡船記念館 摩周丸 | トップページ | 父と子(笑) 道南四季の杜公園にて »

「乗り物の写真」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「風景写真」カテゴリの記事

コメント

tackyさん、今晩は。 
ゆーすけ君、さすがに男の子ですね、こういった機械ってなにか惹かれるものがありますものね、、トンツー打つ姿もさまになっていますね(笑) 
 
青函連絡船、昔、いろいろな夢を運んだのでしょうねぇ~。。。

投稿: yuki | 2006/03/26 21:57

この連絡船で、中学の時には。。。
青森まで修学旅行に参りました。。。
色々楽しい思い出の詰まった、
今は青春のオブジェです。。。

投稿: チーフ | 2006/03/29 02:01

 私もトンツーしてみたい

 たしか、青函連絡船の最後を飾ったのが『摩周丸』だったかと。(20年くらい前のニュースの記憶で、あやふやなんですが^^:)
 函館港の夜景1(青函連絡船摩周丸)の写を拝見して、ぜひとも見たいと思ったのですが、今度は乗って見たくなりました。私も、トンツーしてみたい!

投稿: 甘木 | 2006/03/29 17:27

yukiさん、チーフさん、甘木さん。とっても亀レスごめんなさいm(__)m

ゆーすけは、本当にボタンとかスイッチとか大好きです。ましてやここの通信室のように電鍵を叩くとちゃんとトーン音が出るようなものを見つけた日にはもう大変(笑)しばらく離れませんでした。でも我が息子よ。もうモールスの時代は終わったのだぞ。

北海道民にとって青函連絡船というものは、ある世代までは特別の感情を持つもののようです。私も中高と修学旅行の時に乗りました。皆さん様々な思い出があるのでしょう。懐かしいですね。

投稿: tacky@管理人 | 2006/04/01 22:16

tacky さん、こんにちは。
2度目の来訪でまた来てみました♪

摩周丸…とても懐かしい!!
小さい頃をしみじみ思い出してしまいました~

投稿: ひろこ | 2006/04/08 12:28

ひろこさん。最近ちょっと塩漬け気味の当ブログですが、またまた訪問してくださってありがとうございますm(__)m

ひろこさんにとって連絡船は素敵ないい思い出なのですね(^.^)函館はお母様の故郷でしたっけ?きっと楽しいことがたくさんあったのでしょうね。
これからもいろんな写真を載せていくつもりですが、その中にひろこさんのいい思い出を思い起こすようなものがあれば嬉しいです。

投稿: tacky@管理人 | 2006/04/09 10:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/9270663

この記事へのトラックバック一覧です: 函館市青函連絡船記念館 摩周丸2:

« 函館市青函連絡船記念館 摩周丸 | トップページ | 父と子(笑) 道南四季の杜公園にて »