« 昭和新山と有珠山 | トップページ | 函館市青函連絡船記念館 摩周丸 »

函館 朝焼けの中で

今朝は風が強くて寒かったですね。
今日は久しぶりに早起きして、5時過ぎからにしき温泉にゆっかり入ってきました。
(ごく一部で人気沸騰中の”あの”方もいらっしゃいました(笑))
早朝にもかかわらず結構な数のお客さんが来ていました。朝からとっても充実しております。

その後、臨空工業団地のカールレイモンの工場の近くに行ってこの写真を撮りました。
さすがにもう雪も無く安全でした。これからはしばらく通ってみようかな。
http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.48.52.9N41.48.27.5&ZM=6

寒かったけど朝焼けに照らされた函館の街並みがとても綺麗でした。
湯冷めしそうになったので慌てて帰ってきました。

DSC_2264

DSC_2259DSC_2266

DSC_2268DSC_2269   

|

« 昭和新山と有珠山 | トップページ | 函館市青函連絡船記念館 摩周丸 »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「風景写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪お元気になられて良かったです*^^*
でも季節の変わり目は油断できませんので、気を付けて下さいね♪

今朝の朝焼けは綺麗でしたね~^^
そのあたりと少し近くの、産業道路ダイソーをとにかくまっすぐ上ってゆくと霊園があるのですが
その辺から見る夜景もとても綺麗ですョ。
石川の裏夜景は、とても一人で行く勇気はなく(お邪魔になるので笑)
よく行きます♪
春先には親子の北キツネにも出会える場所です^^
自家栽培の苗屋さんもあって、”ご自由にどうぞ”とベンチが置いてあり、座ってボゥ~っとしてたりします(いつもボゥっとしてますが^^;)
いつもリクエストばかりで、ゴメンナサイ。

投稿: wata | 2006/03/21 11:50

すっかり雪もなくなりましたね。
にしき温泉は、やはり早朝が確実です(笑)

投稿: M | 2006/03/21 19:46

はじめまして。
私は岩手県に住んでいます。
母親が函館市出身で小さい頃から函館は私にとって
第二の故郷のような気持があります。
小さい頃は青函連絡船で函館に行っていましたので、
web上でも函館どつくの門型を見るとなんとも言えない懐かしさを覚えたり♪
こちらのtackyさんのブログを、たまたま見つけて初来訪でありながらも
コメント残さずにいられなくなって(笑)書き込みしている次第です♪
画像がとても素敵!
すっかり気に入ってしまいました。
またこちらのブログへ遊びにきたいと思います。

投稿: ひろこ | 2006/03/21 23:12

長らく更新できず失礼しましたm(__)m

wataさん、ご無沙汰しております。ご心配頂きありがとうございました。ようやく復活しました。
なるほどダイソーを上がって行った先ですか。昼間に1回行ったことはありましたが、夜は行ったことなかったですね。毎度いい情報をありがとうございます。ここなら我が家から近いので是非行ってみたいと思います。いいのが撮れたらまたアップしますね。でも、霊園。。。なんか違うもの写ったりして(爆)

Mさん、今朝も7時頃に行ってきました。やはりいらっしゃいました。やはり早朝が確実なようです(笑)最近は遠出もせず近場でまとめてます(^^ゞ

投稿: tacky@管理人 | 2006/03/25 09:00

ひろこ様、初めまして。ようこそお越しくださいました!気に入っていただけてとても嬉しいです。
函館とそういうつながりをお持ちであれば、懐かしい景色もあるのでしょうね。私は函館に来て3年が経ちましたが、すっかり魅せられております。これからもぼちぼちと写真を撮っていきたいと思っていますので、末永くお付き合いいただければ嬉しいです。
もし見たい景色があればお知らせください。撮れるものであれば是非撮って来たいと思います。

ちなみにブログをお読みいただけたのであればご存知かもしれませんが、あの函館どっくの門型クレーン、撤去の動きがあるようです。もしかしたら数年後には無くなっているかもしれません。寂しい話です。


投稿: tacky@管理人 | 2006/03/25 09:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/9185817

この記事へのトラックバック一覧です: 函館 朝焼けの中で:

« 昭和新山と有珠山 | トップページ | 函館市青函連絡船記念館 摩周丸 »