« (リンク先修正しました) FLASH 「彼の死」 | トップページ | 雲のダンス♪ »

FLASH 「WALKING TOUR」

またしても自分の写真ではなくてごめんなさい。

昨日のFLASHを見ていてふと思い出したことがあったので、ご存知の方も多いかと思いますが、私が大好きなFLASHをもう一つご紹介します。

実は昨年1月、義父が不治の病で余命いくばくも無いと宣告され、早くもその年の3月には亡くなってしまいました。

そんな時、たまたまネットで見つけたのがこのFLASH「WALKING TOUR」です。

妻と見ながら大泣きしたことを思い出します。

愛する人と別れることは本当に辛いことです。だけど・・・・・・ 決してその人は「いなくなったんじゃない。そこにいて私たちを見ている」。そんなお話です。

少しだけ救われた気がしました。今みても泣けてきます。

もしもあなたがいつか大切な人を失うようなことがあったら、このFLASHのことを思い出してもらえたらなと思います。

また、もしあなたにそういった経験がなかったとしても、是非一度はご覧頂きたい作品です。

ちなみにこのFLASHも音楽が流れます。是非その音楽を聴きながらご覧下さい。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html

ちなみに、心配されるといけないので一応書いておきますが、最近私の周辺でこのような辛い別れがあったわけではありません。昨日のFLASHに触発されただけです。

とっても素晴らしい作品なので是非紹介したくて、そしてこの思いが共有できればと思って書きました。どうぞご心配なく。

|

« (リンク先修正しました) FLASH 「彼の死」 | トップページ | 雲のダンス♪ »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵なサイトのご紹介、ありがとうございます。
私は、まだ身近な死を経験していないからか、どちらかというと、後半部分の『歩(あゆみ)』についてのくだりに感銘を受けました。
「うしろばかり見ていたら、つまずくぞ」が、身にしみました。
いつも前を向いて、一歩一歩歩いていきたいです。

投稿: なおせん | 2006/04/25 23:19

なおせんさん、こんばんわ。
とってもコメントが付けづらい(^^ゞテーマだったと思いますが、コメントいただきましてありがとうございました。分っていただけて嬉しいです。
そうなんです。そのあたりも私が救われたというか感動したところなんです。
ちゃんと前を向いて顔を上げてしっかり歩いていかなくちゃって思いました。


さて、この場を借りて。
ここ2件のFLASH関連の記事をご覧になって、私のことを心配してくださる方がいらっしゃいます。
本当にありがたいことです。ありがとうございます。
ですがご安心ください。本当に何もありませんから。たまたま、なんとなく心の琴線に触れるものがあったから紹介したくなって書いただけです。
どん引きされた方もいらっしゃるかと思いますが、今後とも(そこそこに)元気一杯で続けていきますので引き続きご愛顧のほどをm(__)m

投稿: tacky@管理人 | 2006/04/26 01:36

tackyさん、、生きるって意味を再認識させられますね。ある人が、最近、生きてるって言うよりも生かされている感じがします。と言うコメントを残してくれました。 
生かされている、、、 
深いですね・・・・ 

投稿: yuki | 2006/04/26 23:05

yukiさん、おはようございます。
私は特定の信仰と言うものは持ち合わせていないのですが、確かに「生かされている」ということはあるのかもしれませんね。深いです。
とりあえず、前を向いて歩いていこうと思います。

投稿: tacky@管理人 | 2006/04/29 04:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/9708821

この記事へのトラックバック一覧です: FLASH 「WALKING TOUR」:

« (リンク先修正しました) FLASH 「彼の死」 | トップページ | 雲のダンス♪ »