« 夜明け 住吉漁港から | トップページ | なんじゃこりゃ!? »

海岸にて

ひねりは全くないですが、早朝の海岸の写真です。啄木小公園近くの海岸ですね。
(撮影場所はここ) http://kokomail.mapfan.com/receiven.cgi?MAP=E140.45.26.2N41.46.10.8&ZM=8

このあたりは大森浜とか宇賀浜とか言うのでしょうか?正式な名称は分かりませんが、道路からすぐに浜辺に降りられるので、気が向くと時々散歩したりします。天気が良いと潮風が気持ちがいいですね。
最初の2枚の写真、海水が砂に染み込んでいく時に気泡がはじけて立てるプチプチという音や、波が引く時に立てるさぁーっという小さな音が聞こえてくる気がしませんか?

Dsc_2574Dsc_2569

Dsc_2580

Dsc_2565Dsc_2537

|

« 夜明け 住吉漁港から | トップページ | なんじゃこりゃ!? »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「花鳥風月の写真」カテゴリの記事

「風景写真」カテゴリの記事

コメント

tackyさん、こんばんは。 
 
石川啄木の「一握の砂」
第一章「我を愛する歌」は
   東海の小島の磯の白砂に
   われ泣きぬれて
   蟹とたはむる 
から、始まります。 
この章の詩は海辺にちなむ詩なのですが、 
この詩が一番私は好きです。 
 
この詩の歌碑は、函館山の墓地にあったと思うのですが、私はこの大森浜をイメージしてしまいます。 

tackyさんの写真を通しても四季を感じています。 
これからも、tackyさんの視線を通していろいろな物を見させて下さい。 
楽しみにしています♪

投稿: yuki | 2006/04/11 22:56

>海水が砂に染み込んでいく時に気泡がはじけて立てるプチプチという音や、波が引く時に立てるさぁーっという小さな音

します!聞こえてきました!
あと海の匂いもしてきました!

投稿: 菊音 | 2006/04/12 09:20

yukiさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。
啄木の墓がある立待岬方面への道はまだ冬季通行止めだったと思いますが、開通したらちょっと行ってみますね。
そうそう、yukiさんへちょっとしたプレゼントがあります。
実は昭和51年当時の函館の空撮写真を見つけました。まだyukiさんが函館に来る前だとは思いますが、懐かしい街並みではないかと思います。よろしければご覧下さいませ。
http://w3land.mlit.go.jp/Air/photo400/76/cho-76-20/c14/cho-76-20_c14_8.jpg

ちなみに、ここから昔のいろんな空撮写真を見ることができます。なかなか面白いですよ♪
http://w3land.mlit.go.jp/WebGIS/index.html

投稿: tacky@管理人 | 2006/04/12 19:42

菊音さん、こんばんわ!
良かったぁ。分かってもらえてすごく嬉しいです(^.^)
また、遊びに来てくださいね♪

投稿: tacky@管理人 | 2006/04/12 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150221/9528440

この記事へのトラックバック一覧です: 海岸にて:

« 夜明け 住吉漁港から | トップページ | なんじゃこりゃ!? »